国家試験に合格することは難しいのか

###Site Name###

「国家試験」という響きはいかにも難しいような印象を受けるものであるため、資格の取得を目指している人でも国家試験を受けなくてはならないということになるとひるんでしまいがちです。

もしこれから取得しようとしている資格と代替できる民間資格があるのならば先にそちらに挑戦して、少し実力をつけてから考えようとするのもよくあります。
ただ「国家試験だから難しい」という考え方が正しいのかと言われるとそうではありません。

確かに日本国内において有数の難しさを誇るといわれる司法試験などを引き合いに出されると流石に簡単だとは言えないでしょう。

法科大学院を卒業するか予備試験を通過するという前提条件すらすでに厳しいものであるにもかかわらず合格率は例年25%前後、長い道のりを経てようやく受験できても4人のうち3人は落ちているわけです。

よって司法試験を引き合いに出すのであれば難しいと言わざるを得ません。

ただそのほかの試験についていうのであれば、必ずしも難しいとも限らないと考えることもできます。
例えば歯科医院で歯科医師の助手として活躍する歯科衛生士の試験は99%が合格しており、受験上の不備があったりよほどの勉強不足でもなければ突破することは非常に簡単です。

また危険物取扱乙5類などのマイナーなものも取得は容易ですし、何よりあまりイメージされることではありませんが「普通運転免許」というのも国家試験を通過して得られる国家資格です。

普通運転免許に関しては「取得できない方が珍しい」と言われていますし、自動車学校で勉強すれば数ヶ月で取得できます。

こうしたことを踏まえると「試験が難しそうだから」という理由だけで諦めてしまうのは非常にもったいないことですし、民間資格で代用できる場合でも国家資格を優先して挑戦する価値は十分あると言えるでしょう。


資格の価値はその資格に対するニーズや今後の業界の成長性といったことで決まるため「民間資格の方が劣っている」とも言い切れませんが、少なくともそうしたニーズがある業界では民間資格よりも国家資格の方が有名で価値のあるものと扱われていることが多いです。
時折見られるのが「まだ国家試験を通過できるほどの知識や技術はないから、一旦民間資格を取得しようと思う」といった意見を持っている人なのですが、それも悪い選択肢ではありません。


ただ人の一生というのは80年程度しかなく、現役世代として取得した資格を活用できる時間はその半分ほどしかありません。

こういったことを考えると何かの目的のために資格を得ようと考えているのであれば、それは本当に必要なものを選ぶべきです。

民間資格の方が必要性が高いというのであれば全く構わないにせよ、おおよその場合は国家資格の方が優先度は高いのですから、難しいか簡単かということを考えるよりも先に「どれくらい勉強すれば良いだろうか」などの前向きなイメージを持って取得を目指すことをお勧めします。

http://www.sankei-digital.co.jp/others/info_kiji.html
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/magazine/1201-t1/201203/524111_2.html
http://okwave.jp/qa/q9177153.html

一流のヨガインストラクターの養成についての意見を伺いました。

あなたに合った条件で那須自動車学校について詳しく知りたいならこのサイトです。

c言語の講座を自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

MOSの試験会場について詳しく知りたいならこのサイトです。

詳しく知りたい二輪免許 合宿情報に精通したサイトです。