c言語はどんなことに使われているか

###Site Name###

学生のときにプログラミングをかじったけれど結局c言語って一体何なんだと、プログラマーや趣味でプログラミングを嗜む人以外は思うこともあるでしょう。

そもそも触ったこともなければ勉強したことも無いし名前しか知らない、という方も少なくはなく、何を作れるのかがわからないという方もいるかもしれません。

または、授業で習ったけれど何をいっているのかさっぱり分からず理解に苦しむだけの嫌な思い出しかないという苦手意識を持ってしまっている方もいることでしょう。この言語は何のためにあるのか、この言語で何が出来るのか疑問に思われるかもしれませんが、傍にあることを知らないだけで、実は非常に身近な存在だったりするのです。
c言語を使ったものとして思い浮かべるのがゲームのプログラミングという人もいらっしゃるかと思います。PCでフリーゲームを作成し公開するということが一般化しつつあり、一度やってみたいと学び始めることもあるでしょう。

ゲームを作るならこの言語からやっておけば、複雑なプログラミングにも応用できるからと入門書を手に取った覚えがあるという人もいるのではないでしょうか。

ケータイゲームや簡単な計算機能などが例として上がりやすいのですが、もっと身近なものにも使われています。

それは電化製品や電子機器の制御システムです。電子レンジや洗濯機、炊飯器や掃除機は暮らしにおいて身近なものですが、それらの中にこの言語は制御システムとして組み込まれているのです。

もちろんc言語がすべてに使われているかと言われたらそうではなく、ほかの言語で組まれたプログラムを使用しているものもあります。


パソコンやケータイでインターネットを利用する機会が多い人であるならば、掲示板やインターネットブラウザの動作などにはc言語が使われていると言えば身近に感じられるかもしれません。

パソコンの中に入っているソフトにも使われていることが多く、クリックして立ち上げるだけとしか認識していない裏では膨大な量のプラグラムが動いているわけです。

非常に身近に存在する言語と言うことを書きましたが、ではこの言語はどうして存在するのでしょうか。コンピュータは0と1で動いているといいます。

これは機械語と呼ばれるものですが、この機械語でコンピュータの動作や言語を組むとなると非常に困難になります。
0と1だけでコンピュータが様々な動作をするプログラムを組むというのは、人間には難しいのです。

そこで作成されたのがプログラミング言語です。0と1ではなく、人間側から作ったプログラムを、コンパイラという機械語に翻訳する機能を介してコンピュータに命令するようにしました。


これが始まりと言われています。プログラミング言語は基本的には数値に関わるシステムを作ると言うのが前提でしたが、時代が進むにつれて複雑なプログラミング言語で多様な動作を指定することができるようになってきています。

http://www.sankei.com/economy/news/160602/prl1606020059-n1.html
http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000G674F
http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00008LEM6

javaの研修の情報サイトを利用して良かった。

経営視点での研修の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

効率がいいiPhone7の発売日情報サイトを使用する機会が増えています。

最近のiPhone7の情報が欲しい方必見です

コーヒーメーカーの比較を利用してみる価値はありますよ。