国家試験を目指す時に注意すること

###Site Name###

国家試験を目指す時に注意しなければいけない事は、合格した時に得られる資格の種類です。その資格を持っていなければ作業をすることができない(持っていなければ違法になる)資格かどうかと言う事です。

一番有名なのが運転免許証です。

その種類により運転できる車が異なります。


次にその作業をする時、その資格を持っている人が一人いれば、他の人が免許を持っていなくても作業ができる資格があります。

例えば危険物取扱者の資格は誰かが持っていれば、その作業を監督し、作業を行わせることができます。


この資格も種類により、取り扱う事の出来る危険物の種類、量が異なります。


具体例として、ガソリンスタンドのアルバイトはこの資格を持っていなくても行うことができます。
更には、その事業所で一人、その資格を持っていればよいという資格もあります。

公害防止管理者は工場長でなくても、その業務を資格を所持している人に命じて行わせることができます。

一方で、その試験に合格することで、その業務に関する能力を認定するために実施される資格もあります。

例えば衛生管理者の資格は、人を雇用したり、業務を命じたり、職場環境を法律に合うように整えたりする資格として、管理職が持っておくべき資格としても知られています。これらの事から、その国家試験が自分にとってどのくらい必要性があるのか、持っていることでどのくらいメリットがあるのか、資格取得のためにどのくらいの期間と、コストがかかるのか事前に十分調査して取り組まなければなりません。

国家試験は基本的には業務知識と法律知識の両方を理解しているかどうかを示すことが要求されます。
業務知識は本来は実際の業務を行うことで得ることが望ましいのですが、試験を通ることができれば問題ありません。

法律知識は体系として法、令、規則と言うように順により細かく、より具体的に規定されているので、バランスよく理解することが必要です。

国家資格の目的は不合格者を作ることではなくて、業務を行う上で十分な知識を持った人を認定すると共に、必要な知識を作業者に理解してもらうのが目的ですから、重箱の隅を突っつくような問題が出るのはまれです。

更に注意することはその資格が国家試験を通ることで認定されるのか、関係団体が認定している資格なのか、或いは全くの民間団体が認定しているのか確認することが必要です。
どの法律がその資格を認定しているのか、その資格を持っていなければ作業ができないのか、監督ができないのか、会社として業務ができないのか、単にスキルが向上するだけなのか確認しておく必要があります。

国家試験の中には大学卒業の資格を要求しているものもあります。


医師、歯科医師、薬剤師など、その資格を得るために高校卒業までにその取得のための計画を要求されるものもあります。これらの資格はかなりの実習を要求されるものであり、自分の適性を早期に確認する必要があります。

http://matome.naver.jp/odai/2141503242052601101/2145032996568283303
http://okwave.jp/qa/q6594491.html
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n61985

安心、信頼のオーナーシップの研修の情報はこちらのサイトがオススメです。



厳選したc言語の研修に有効なサイトの紹介です。



シミュレーションの研修情報を選びました。