多くのプログラム言語の中心にあるc言語

###Site Name###

c言語は、1972年に登場した歴史のあるプログラム言語で、今でも多くの機械の中で動き続けているといえます。
現在では、オブジェクト指向が洗練された結果、新しい概念を取り入れた言語が次々に登場しています。

旧来の言語は、自由度の高さとシンプルな構造が共通点にありますが、プログラムが巨大化すると手に負えなくなったり、スパゲッティ化してしまうリスクが存在しました。c言語自体にも、そのような恐れは十分に存在しますが、熟練したプログラマーであれば、欠点を克服した上で使いこなせる魅力があります。

学習コストの高い低級言語なので、今から学ぶには大きな切っ掛けが必要ですが、プログラマーなら学んでおいても損はありません。むしろ、現代的なプログラム言語とは設計思想が違うので、逆に新しい刺激となって魅力に感じられる可能性が高まります。c言語の特徴は、パソコンやゲーム機だけではなく、組込み機器にも対応する柔軟性の高さにあります。
また、機種に対する依存性が低い事もあり、移植性に優れている点がメリットになります。

低級言語の欠点は、考え方次第で高速な動作の利点に変わりますし、必ずしも古いから劣っているとは断定出来ない側面があります。現代におけるc言語のメリットとしては、プログラマー人口が豊富で、情報の蓄積が膨大にある事が挙げられます。

学習にコストはかかりますが、教科書や学習環境は整っているので、人によっては学びやすいと感じる余地があります。

システムの概念を理解したり、コンピューター動作を詳細に知りたいなら、習得が必須のプログラム言語になります。

仕事において学習する利点は、保守業務のある仕事が得やすくなったり、組み込みの現場で活かせる専門性にあります。

プログラマーが活躍する主要な業務では、より進化した言語やスクリプトが重要視されています。

ただ、c言語が活躍する場は少なくありませんし、プログラマーの高齢化と引き継ぎ問題の発生によって、需要は依然として高いと考えられます。
派生した言語は数知れず、設計の方向性を受け継いでいるものも多いので、長く続く影響力の高さを窺い知る事が出来ます。


一般的には、直系で後継の方に人気が集まっていますが、元になった言語はこちらなので、設計思想の理解に必要なのはどちらか明白です。

限られるリソースを持った機械は、予め用意されたAPIを使ったプログラムでは性能を引出せませし、チューニングやプログラムの根本に手を入れる事が必要なケースもあります。

cは正に、何でも切れる万能ツールで、巨大なプログラムの開発には向きませんが、部分的な性能の引出しに効果を発揮します。
使いどころが多く、他の言語の理解にも役立つので、今から専門書を手に取り学び始めても遅くはありません。

古い言語であっても、開発者には経験と知識があるので、時代遅れと考えるのではなく、プログラマーのお手本と捉えて勉強する事が重要です。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1076748970
http://smany.jp/6841
http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00008LEM6

免許合宿の情報を手に入れてみませんか?

幅広い分野の視点から運転免許の合宿免許情報をお探しですか。

様々な種類のc言語の学校に関するお役立ち情報コーナーです。



合宿免許情報を集めているサイトです。