難関の国家試験に合格するには

###Site Name###

司法試験のように、国家試験の中には難関なものがたくさんあります。難関な試験は短期間の勉強では合格は難しく、長い時間をかけても合格できないことがあります。

それだけ難易度が高いので、難しい国家試験に受かると社会的なステータスが上がり、就職や転職などに有利になります。

難関と言っても合格者がいるので、決して手の届かないものではありません。
効果的な勉強を積み重ねていけば、必ず合格できる国家試験はあります。
この種の試験を受ける時に、一番大切なことは基礎的なことを十分に理解することです。

試験問題の中にも基礎的な知識を問うものがあり、そういった問題を確実に成功することが合格につながります。基礎的なことを十分理解するには、自分の理解度に合ったテキストを選ぶ必要があります。




例えば司法試験だったら、憲法や刑法、民法について書かれた基本的なテキストを選ぶことが大切になります。

この時に重要なことはそのテキストを100%理解できることです。

理解が難しいようだったら、自分の頭で理解できるテキストに変えなければなりません。

100%理解できるテキストを繰り返し、読めば基礎を固めることができます。
そして、そのテキストを理解できるようになったら、それより少し難しいテキストを勉強して、その内容を完全に自分のものにします。この方式を進めていけば、基礎的なことから始めて、高度に専門的なことまでスムーズに理解できるようになります。


やや時間がかかることもありますが、時間をかければかかるほど、理解が深まります。

javaの通信講座をご提案いたします。

国家試験を受ける時は、暗記しなければならないことが数多くあります。


暗記は受験勉強の柱の一つです。

ただ項目を覚えるだけでは、重要なことはすぐに忘れてしまいます。




しかし、上記に書いたようにテキストの中を繰り返し読んで、テキストの中の文脈で覚えるようにすれば、重要なことも頭の中にきちんと定着するようになります。この種の試験を受ける時は暗記だけでは不十分です。


論理的に物事を考えたり、表現できる知識も身に付けなければなりません。

合宿免許の詳細はこちらで簡単に調べられます。

特に筆記試験で論理的な思考力は問われることが多いです。
論理的な思考力を身に付けるのは容易ではありませんが、テキストを読み込むことで、その基礎の能力は身に付けることができます。

テキストの学習が終わったら、それを今度は自分の言葉で表現できるようにしましょう。その時に大切なことは、自分が身に付けた知識を明快で、分かりやすい言葉で書いていくことです。
スマートフォンなどIT機器を利用しても良いのですが、紙のノートに自分でまとめていくのが効果的です。

そしてまとめたものを、誰かに読んでもらいましょう。
読んだ人がその内容を理解できたら、論理的な表現力が身に付いていることになります。



もし分かりにくいところがあったら、それを指摘してもらい、自分で直します。
これが終わったら、今度は過去問を繰り返し解いていきます。

過去問を何回もやることで、試験の形式に慣れて、本番で実力を発揮できるようになります。

http://namae.m3q.jp/?page=260
https://4meee.com/articles/view/126351
http://okwave.jp/qa/q5631740.html